~様々な文章作成ソフト

現在、文章作成ソフトには「Microsoft Word」、「Writter」、「LaTeX」等があり、それぞれのソフトが一長一短である。

入力した内容、画面に出力されている内容と、印刷した時の出力が一致する。数式が綺麗に出力できる。文章作成時に、レイアウトに気を遣ったり、命令を調べながらでないと文章を作成できない、等がある。

Microsoft Word

  • 視覚マークアップ言語
  • 複雑なレイアウトを作成した際に崩れにくい
  • ボタン一つで文章を中央に寄せる、などレイアウトの設定が容易

Open Office Writer

  • 視覚マークアップ言語
  • 無料で入手し、自由に使える
  • スタイルを使うことで、文書の構造と見かけを分けて管理できる

視覚マークアップ言語

例えば、テキストファイルの文書のタイトルの前にいくつか改行やスペースを入れることで、行送りの調整や中央寄せを暗示させている。

図や表を入れ替えた際に、番号を振り直す必要が生じることや、全体的に構成を変更した際に目次も変更しなければならない等、課題がある。

これらの作業は、ユーザが入力した内容、つまり画面に出力される内容が印刷などの出力と一致するという利点がある。これはユーザにとってわかりやすい仕様であるが、ユーザーがすべてのレイアウト作業を行わなければいけない為、執筆以外にも労力が必要となる。

LaTeX

  • 手続きマークアップ言語
  • ソースコードを作成し、コンパイルを行うことで初めてDVIやPDFなどの閲覧用のファイルを得ることが可能
  • コンパイルを行わないとどういった出力が得られるかが分かりにくい
  • 非常に綺麗に数式を出力することが可能

手続きマークアップ言語

書式を整えるために、書式指定の命令を文章の直前に並べ、中央揃えモードに移る、書体を大きくさせる、などの指示を出す。文章の後には、それらの効果を打ち消す命令が並ぶ、という言語である。出力した際には非常に整っていて見やすい。しかし、命令が複雑な為、記述は容易ではない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-16 (木) 07:55:24 (1813d)