PukiWikiの記法とLaTeXの命令の対照表を作成し、その表を元にプログラムを作成した。その際、PukiWikiの記法と対照できないLaTeXの命令が存在したため、自身で考え対応させた。対応時には、プレビューした際に、PDFでのイメージが掴めるようにした。
最終的には、PukiWikiでのプレビュー時に、PDFのイメージが掴めるようになり、更新ボタンを押すことでその文章をPDFへすることに成功した。

本研究では、論文作成において必要であるLaTeXの命令と、Pukiwikiの記法を対応させることで、ユーザへの入力負担を軽減できるのではないかと考えた。そこで、Pukiwikiの記法をLaTeXの命令へ変換するプログラムを作成した。また、PukiWikiでページ更新をすると、PukiWiki上で編集している文章をLaTeXの命令へ変換する。その後、コンパイルを行い、自身のDropbox上にPDFファイルを作成するプログラムを実装することで、ユーザへの負担を軽減する。

(名前,【ラベル】)
真ん中
真ん中
真ん中
aaaaa
aaaaa

aaaa aaaa

  1. 表のタイトルとラベルを見つけた際に\begin{table}を出力する
  2. 各要素の位置指定がCENTER:ならc、RIGHT:ならr、LEFT:ならlを出力する
  3. 文頭と文末の|を削除し文末に命令を追加する
  4. 文頭と文末以外の|&に変換する
  5. 文頭に|が無ければ\end{}以下を出力する

\begin{table}[h]

\begin{center}
 \caption{名前}\label{あああ}
 \begin{tabular}{|c|c|c|} \hline
  a&b&x \\ \hline
 \end{tabular}
\end{center}

\end{table}

\begin{table}[htb]

 \begin{center}
   \caption{値段表}
   \begin{tabular}{|l|c|r||r|} \hline
     メニュー & サイズ & 値段 & カロリー \\ \hline \hline
     牛丼 & 並盛 & 500円 & 600 kcal \\
     牛丼 & 大盛 & 1,000円 & 800 kcal \\
     牛丼 & 特盛 & 1,500円 & 1,000 kcal \\ \hline
   \end{tabular}
 \end{center}

\end{table}


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-16 (木) 07:55:24 (1813d)